米当番
  
オリエンタルラジオやライスなど参戦ライブの備忘録。ネタバレも含むので注意。09/1/10開設。
kagariが書いてます。
はてなid:oet Twitter:oet_kagari

ライブ参戦予定→more?
・未定!
Search this site




【おしらせ】
とくになし!!>

09/9/2 松尾芭蕉ナイト
 又吉直樹の夜 〜松尾芭蕉ナイト〜
 09/9/2 19:00〜 品川花月
 出演:ピース 又吉/せきしろ/南海キャンディーズ 山里/ハリセンボン 箕輪/ライス

 
 
こんなにたくさんいるのに史上まれにみる地味メンツ(笑)
これ見に来る人もやっぱキチガイらしい。(カリカに準ず)
 

松尾芭蕉は私もほとんど知らなかったわけです。
又吉さん詳しいのかな?どうかな?太宰はともかく……
と思ってたら実際そうとう不安な出だし。
国語便覧の松尾芭蕉の頁の音読からスタートw
とちゅう噛む。

みんなの呼び込み。
ライス二人を「ベトナムのキンキキッズ」といじった後に登場した山ちゃん、
「僕の大好きなライスの顔をいじるな!」w
関町さん、「手芸部のブス」から「ブス」に昇格(笑)


なんだか内容自体は松尾芭蕉にとらわれず、尾崎放哉だったり種田山頭火だったり『カキフライが無いなら来なかった』だったりしたのですが、やっぱり自由律俳句はおもしろいな、と。
こういう表現方法アリだ!と思い出せたのがとても良かった。
そして楽しかった。笑った。
『カキフライ〜』も面白そうだなと思って、ちょっと本屋でさがしてみようかと思いました。
(のに翌日本屋に行ったときにはさっぱり忘れてましたw)

ライスに関しては仁さんより関町さんのほうがようしゃべってましたね。
あんまり的外れてないことを。
ていうか又吉さんと山ちゃんがせきしろさんを取り合う図に、
「箕輪がいるからややこしいことになる」(又吉)
のが絡まったせいで、ライスは常に蚊帳の外でした(笑)
コンビそろってしれっと入り込むライスって何者なんだろう。
posted by kagari | 10:50 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/28 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ シュール5 〜阿部プロデュース〜
 09/8/28 19:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり/ハローケイスケ/アホマイルド



まさかの感想が「ポニョおもしろかった」。
万人がそうであるに違いありません……。
シュール5じゃなくてポイズン漫才トークだったよ!


阿部ちゃんの誕生日前夜ということで、阿部ちゃんのやりたいことを全部つめこんだライブになりました。
「左右の画面では阿部お気に入りの映画を上映しております。
 つまらなくなった方はそちらをご覧ください」
ポニョです^^

オープニングでは長々と曲が流れる中、舞台のど真ん中にずっと阿部ちゃんがねっころがってるだけで終了。
まずは『桃太郎』で桃太郎役がやりたいということで、全員に台本を配り、桃太郎の劇を。
阿部ちゃんと彼の仲間になるハローケイスケ、アホマイルド以外、ほとんどの人は台詞も出番もちょっぴりだけ。
池田さんにいたっては役なしゆえに客席に下ろされる。
以降彼はガヤ役。
最後家城さんを袋叩きにして終了。

……この袋叩きは二回目だった気がするなあ。
桃太郎の前にもう一つ何かあったっけな?

続いて「世界阿部陸上選手権」。
みんなで運動会みたいなことをするんだけど、砲丸も跳び箱も綱もないから全部「『心の中の○○』を各自引っ張りだして競技せよ」との指示w
途中途中に阿部ちゃんとハローケイスケの二人トークが入る。
「いらねーよ」「ききたくねーよ」
「まだ続くのかよ!!」
池田さんがすべてを代弁(笑)
その間ずっと流れるポニョ。
シュールといえばそれまでだw

最後は全員がでてきてエンディングトークをしてくれるかと思いきや、引っ込んじゃって、阿部さん、ハローケイスケ、アホマイルド二人、知らないおっさんの5人がシュール5Tシャツを着て登場。
ラストでみんながでてきてくれるということもなく、そのまま品川サマフェスタシュール5全6公演はすべて終了。
お客さんからはブーイングの嵐でしたw

きびだんご代わりに配ったカブトムシの行方
 →http://poisonyoshida.laff.jp/blog/2009/08/post-44a7.html


今でもあのポニョと舞台のコントラストを鮮明に思い出す……
インパクトあるライブだったなー
posted by kagari | 22:53 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/28 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ 東京シュール5 〜キャラチェンジ〜
 09/8/28 15:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり



企画は相変わらずのぐだっぐだでどうしようかと思ったけど、貴重なものが見れたから満足。
仁さんの、押見さんの村上さんの、あんな姿を見ることは二度とないでしょう……。


広い舞台の上に芸人さんがずらりとアクリルボード製のちゃっちい円筒。
「あれはみなさんの性格を変えるマシーンです」(かた林)
「キングオブコントで不甲斐ない成果しか残していないみなさんは、そもそも性格から変えるしかないんです!」(中澤)
「あの、ぼくたちは……」(しずる)w
というわけで、みんなが性格を変えるとしたらどないにしましょ?っていうのを相談して実際あの機械(まがい)に入って性格を変えたままその後のライブを乗り切りましょう、って企画です。

特に興味深かったところ以外はさらっと。
ライス関町さんはなんか「頭いいキャラ」みたいな方向に。
メガネを外すことを強要され、けっきょく嫌だと言ってずらすだけで決着がつき、キャラ設定とメガネの不安定さで具合が悪くなりその後全くしゃべらずというw
続いてライス仁さんは、「可愛いキャラ」に。
普段はしゃいだりオーバーリアクションをしないので、声は高く、アクションは大きく、隙あらばクルクル回っちゃうキャラ設定。
ほんとフォルムの不完全さとあいまって、どこかのマスコットキャラクターみたい!
「ライスはキャラ交換って感じですね」
たしかに。
関町さんと違って最後までキャラがほとんど崩れず、しかもめっちゃ最初に変えられたわりにはちょこちょこしっかり発言していて大変よかったです。
誰かに「わあっ!」っとおどかされたときのミッキーみたいな反応が良かった。

次はしずる村上さんだったかな。
彼の欠点は屁理屈なとこだということで、「誰かに思いっきり懐いてるキャラ」に。
ターゲットは押見さん。
キャラになりきっちゃった村上さん、ずっと押見さんの横にぺったり座って押見さんのパンツのポケットをぎゅっと握りしめ離れない。
押見さん以外の人から話しかけられても「べろべろばー!!」、押見さんのいうことには素直にしたがう。
すっかり村上さんがかわいくなっちゃった押見さん、ライブ中ずっとニヤニヤし通し、ちょくちょくノロケをはさんでくるという感じでw
「オレ押見がキャラチェンジして『でやんす』(キャラ名)が途方にくれるとこ見たい!ちょー見たい!!!」(家城)
「オレも『でやんす』欲しい!!!」(家城)w
家城さんにうらやましがられてまた押見さんはニヤニヤ。
しずる池田さんはそれに対抗して『ペヤング』。
揉め事の仲裁キャラ。
このキャラはライブ中かなり特性を生かしてがんばっておりました。

ポイズン吉田さんは物まねキャラ。
もちろんターゲットは美川憲一。
すごい成りきってて崩れてなくて発言もいいとこでびしっとしてて良かったんだけど、
「最後、美川憲一じゃなくって、ただの『いい女』になってましたよね」(笑)
対するポイズン阿部さんは筋肉キャラ。
どうなることやらと思ったけど、ちょくちょく時計を気にしては「プロテイン飲まなきゃ」、「増強剤打たなきゃ」、そして自己紹介ギャグのインパクトが強すぎた!
一発ギャグでこけない阿部ちゃんはすごい。

犬の心池谷さんは、カリカ林さんの一存で『マンボウ』に。
「マンボウはまっすぐしか泳げないんです。方向転換に時間がかかるから急に曲がれない。でも頭頂部に打撃を受けるとすぐに死んじゃう。だからぶつかりそうになったらゆっくり方向転換させなきゃいけない」(カリカ林)
そして池谷さんはマンボウになり、客席をぐるぐる泳ぎ回る。
途中叫んで魚の豆知識を披露。
舞台上は気になってうまく進行できないw
そして最終的に池谷さんが死んだりなんだりあって、カリカの二人もマンボウに!
三匹のマンボウが悠々と劇場全体を泳ぎ回り、最終的に三体のマンボウの死体が横たわる。
犬の心押見さんは『でやんすのお母さん』にキャラチェンジし、村上さんから見捨てられ、ショックで呆然とする。
村上さんは自分のキャラをどこまで突き詰めてよいかもわからなくなって、舞台上でおろおろ動き回る。
「変わらないものなんて、何一つないのよ」(吉田)
「カミサマ、ってやつ、一度信じてみてもいいかもね」(吉田)
吉田さんの名言が次々飛び出す中、時間切れでオチもないままもやっとこの企画は終了ww


というわけで「作家もうちょい詰めろや!」と叫びたくもあったのですが、中身が希少価値だったのでどうでもいいやって感じです(笑)
村上さんの魅力は「女のコの魅力」と同じ種類のモノだと再確認しました。
吉田さんは「美川憲一」というキャラ以外でもちょくちょく入るコメントのレベルが高くて、この人はすごい人なんだなあと実感しました。
村上さんと押見さんの間のドラマを激しく切望していた家城さんには本当に共感。
ほんとに押見さんのニヤニヤは気持ち悪かったですw
関町さんが「ただの具合悪い人」になってしまった以外はとても良かったんじゃないでしょうか。
でもそこの空気感も含めて面白かったな。
posted by kagari | 22:50 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/22 サマフェスタ ヨシモトスープ
 品川サマフェスタ ヨシモトスープ シナガワテイスト
 09/8/22 16:00〜 品川花月
 出演:フルーツポンチ/えんにち/ジューシーズ/かたつむり/ガリバートンネル/エリートヤンキー/少年少女



「あのはんにゃを生み出したユニットによる1年ぶりの公演です!」
ぶっちゃけなんでチケットとったか思い出せないんだけど(笑)、たぶんエリートヤンキーが決め手だったのかな?
だから今回みのちゃんが欠席で残念でした。
体調不良だということで。はやめに元気になるといいんだけど!

オープニングのエグザイルダンスのち、本編へ。
構成は、ユニットコント→コラボネタ→コーナー。
橘欠席が響いてかはわかりませんが、かなり出演時間にばらつきがあるのが気になりました。
私の大好きな阿部ちゃんや西島さんはほとんど出てこなかったので。
毎回?毎週?違うネタをやっているらしいので、そんなところで調整してるのかもしれません。
ただ同じのもやるかもしれないので、ネタバレ回避は各自でどうぞ。

ユニットコントはいくつかありましたが、「行列」と「宇宙人」がとくに良かったです。
「行列」は、なんで出来ているのか意味のわからない行列にガリバートンネルの佐助さん(だったと思うんだけどなあ……)が翻弄されるというネタでした。
非常に不条理な世界観がおもしろい。
こういうところを追求されるのに弱いです。

「宇宙人」は病気がちで内気な男の子のジューシーズ児玉さんと、宇宙人の男の子えんにちアイパーさんによる芝居調コント。
地球にお父さんを探しに来たヤマモトキュースケことアイパーさんと児玉さんが友達になるところからスタート。
近所のホームレス親父に怒鳴られたりしながらも、二人の友情は育まれてゆきます。
そして月日はたち、ついに児玉さんは手術を受けることに。
しかし彼は病院から逃げ出します。
「こんな状況になっても両親はきてくれないし、おばさんだって僕のことをうとんでる。
手術を受けてまで生き延びる必要なんかないよ!」
追いかけるキュースケ、彼は水にはめっぽう弱いのに、雨の中彼のことを説得します。
そして倒れた彼は死んでタクワンに、病院に運ばれた児玉さんは一命をとりとめます。
そこへやってきたホームレス親父、タクワンになってしまった彼をそっと抱きしめます。
「息子よ!」
父親のおかげで生き返ることができたキュースケと児玉さんの二人そろったシーンで閉幕。

途中噛んだり笑ってしまったりもあって残念な感もありましたが、笑いどころがめっぽうあるのにストーリー性がちゃんとあって、読みたくなるような行間も随所に散りばめられていて、とっても好きなコントでした。
「ヤマモトキュースケだよ!」
アイパーさんの平和な声は思い出すだけで笑える。
二人がずっと幸せに友達をやっていければいいな、とコント設定にも関わらず思ってしまうような、良い意味でのお芝居くささがありました。

コントの合間あいまではジューシーズ松橋さんによるVTRがありました。
なんか知恵の輪といたりジグソーパズルつくったりルービックキューブをやったり。
しかし時間がないからもうパズルを作れない!ってなったときにあげたスケジュールが、オールナイト→青田買い→1回目→MAEアゲ→アゲアゲ→コントバトル……となっているのにはちょっとびっくりした。
ジューシーズ上向き調子とはいえ、こんな予定になってるとは。
ここでは亘さんの自衛隊キャラを久しぶりに見れたりだとか、地獄のような松橋さん(なぜ中澤さんの乳首いじりに走るw)を見れたりだとかしたので良かったです。
欲目を言えば、さっと登場して松橋さんが苦戦しているそれらをさーっと解いてしまう人なんか現れるとなお良かったかな。
一番の希望は西島さん。
あっちゃんもそうですが、そういう頭良い感じのちょっとイラつくかっこよさに弱いんです。

コラボネタは少年少女&かたつむり、フルーツポンチ&ジューシーズ&ガリバートンネル、えんにち&西島さんの3組でした。
えんにちと西島さんのみが漫才。
さっきのコントでピンクの全身タイツのアイパーさんを見ているので、「極道」といわれてもピンとこなさすぎます(笑)
にしじによるみのちゃんいじりが半端なくって楽しかったー。

ラストのコーナーはグダグダすぎるので割愛。
わちゃわちゃしすぎのAGEみたいな地獄はやめてくださいw
なかなか即興って難しいのね、というのが印象。
面白い台詞もいっぱいでたので、良いタイミングで使われれば面白くなるのになーと。

終了後、亘さんの名刺が配られました。
毎公演ちがう人のになってるらしく、全部集めるとよいことがあるとのこと。
ネタが毎回違ったり、こういうサービスがあるあたりは、お客さん楽しませること考えてるなーっととても印象がよくなりました。
posted by kagari | 10:00 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/21 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ 東京シュール5 〜村上プロデュース〜
 09/8/21 19:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり



1回目とは打って変わって、非常にかっちりした企画でした。
ゆるく見せかけといてね!
もっとお芝居っぽくやってもよかったと思うけど、満足。


まずはプロデューサーの村上さんだけが舞台に登場。
「今日はシンプルに、演者を一組ずつ呼び込んでトークをしようかと。
『純の部屋』ってとこですか」
なるほどー!シュール5は全員好きなわりには気になるところがいっぱいあるから、トークはかなり嬉しいな、と。

徹子の部屋さながらの音楽が流れ、最初の一組はライス。
トークの内容は二人の出会いについて、からスタート。
関町さんがクラスいちの人気者でそこに田所さんが乗っかった、というのはもう有名な話なのかな?
私もどこでだか聞きました。
なんでも田所さん、高校に入学して三ヶ月、誰とも一言も会話をしたことがなかったそうw
それが卒業時?には『クラスで面白い人』3位まで攻め上げたんだから大したものだ(笑)
さらに大学での関町裏切り話も。
NSCの学費をためるための猶予期間として大学に通っていたライス、ちょうど春休みにお金がたまったので二人で仲良く学事センターに行って退学届けを出すことに。
学部が違ったので先に終わった仁さん、関町さんを待っていたらニヤニヤしながら戻ってくる彼が。
「『どした?』って聞いたら『休学届けにしちゃった』って!」
退学して後がない仁さんと保険をかけた関町さんw

そして話はキングオブコントへ(笑)
去年1回戦敗退、今年2回戦敗退の事実を発表したのち、
「今年は関町が噛み倒しちゃいましてね。
で、それはそうとして僕ら、その日の夜にちょうどライブがあったんですよ。
そのライブは僕が関町のことを『可愛い』ってずっといい続けなきゃいけないライブで」w
地獄だったと語る仁さん。
仲良く談笑を続ける三人。
そこへ現る二つの影……
黒い全身タイツの中澤さんと白衣の林さんが登場!

関町さんにぐるぐるラップを巻きつけ覆っていく中澤さん。
(息ができてるのか気になってしょうがない)
おかしな声でしゃべりだす林さん、
「過去が変わってしまった……!
ライスの二人はキングオブコントの日にケンカして、キレた田所は関町を殴り殺してしまったのだ!(だったような気がする)
田所は今ジン田所ジンとして活動している!!
過去が変わってしまった!」
村上さんもいきなり芝居調へ。
「まずい!ライスが解散してしまった!過去を取り戻さなきゃ!」
そして暗転する舞台。

舞台はキングオブコントの2回戦当日へ。
文句をいう仁さんと歯向かう関町さん。
そこから仁さんは殴る蹴るの暴行にでて、最終的にはバットを持ち出す流れに。
そこで村上さん登場!
熱い説得で二人を仲直りさせ一言、
「シュール5は、守られた!」(白い歯キラリ)
再び舞台は純の部屋へ。
仲良く一致団結してライストークは終了。

続いてはPOISON GIRL BAND。
吉田さんと阿部ちゃんの馴れ初めから。
聞いたことあるなーと思ったら一回目のひとり喋り家で聞いてた。
あとは相撲の話。
単独ライブではいつも相撲をとっている。
ラップで消されたのは阿部ちゃん。
相撲の新弟子検査に受かっちゃった。
吉田さんはピン芸人『はっけよい吉田』。
地獄のようなギャグw
また救世主村上さんがシュール5を救って終了。

次は犬の心。
日体大における『動けるデブ』の話。
やつらは動けるどころじゃありません、『すばやいデブ』です。
日体大で中の下だった押見さんは鉄棒の単位がとれずに中退。
ラップで消されたのは押見さんのメガネ。
中澤さんは犬の心のリズムネタポーズ(@先週1回目)をやってチョケるw
足が小さくなりすぎた押見さん、池谷さんは料理人に。
「池谷さん、僕のおしりの肉を三枚おろしにして押見さんの足に移植してください!」
ここにきてのどシュールw

そしてカリカ。
林さん失踪時代の話を主に。
ラップは家城さんから始まって林さんまで。
さっと生存本能で首筋に指をつっこむ林さんw

ラストは池田さん。
あらためて話すのも恥ずかしい、とろくにトークもしないうちに中澤さん登場。
池田さんが消されるが……、
「池田は、助けなくていっか」
終了。

エンディング。
池田さんはいない。
みんなで仲良くエンディングらしく談笑するが、途中で村上さんがラップで消される。

場面は変わって村上さん一人。
今回の村上プロデュースの打ち合わせ風景。
「最後は池田を消して終わりでいいっすかねー」
話していると、背後から忍び寄る影が……
バットをかついだ池田さん登場。
村上さんの頭上にバットを振り下ろしたところで、暗転。

本当のエンディング。
村上さんがいない。
「お正月に続いての池田プロデュース、どうでしたかー?」
みんなに話を聞きつつ、関町さんはひどいフリをくらいまくるw
ゆるゆるぐだぐだっと締めて終了。


という2時間でした!
その後に村上さん含め全員でてきての本物エンディングはありました。
「池谷さんがいないからまだ疑ってる方あるかもしれませんが、お仕事ですからね!本当にもう終わりです」(笑)
暗転が多めで池田エンディングがぐだりすぎた感はありましたが、さすがの村上プロデュースでした。
最後何がくるかな!?って待ち構えてたのに、ラストのバットを振り下ろすあたりは本気でドキドキさせられました。面白かった。
どきどきといったらライスのケンカはそうだけど(笑)
まあそれは私の個人的好みなので。すいません……
posted by kagari | 22:41 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/21 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ 東京シュール5 〜写真大喜利〜
 09/8/21 15:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり



非常にふわっとした写真大喜利企画でした。
企画としてはあんまり面白みがなかったよなあという印象。
大喜利好きだけど写真はさ……
でも途中からめっちゃ盛り上がって、楽しかったです。
以下軽いレポ兼感想。


おっと、先週とはまったくテイスト違う感じにスタート。
池田さんをはさんでかたつむり登場。
「なんで作家さんは僕たちを司会にしたんでしょう?」(池田)
言いながらも彼らを総合司会にしてライブはじまり。
「プロデュースは僕じゃないんで、苦情は受け付けません」(池田)w

今回は写真大喜利企画。
各人に人物写真が20枚ずつ配られ、お題に沿ったものを出す。
3人一組の予選のち、勝ちあがった3人で決勝戦。

1回戦
・しずる村上VSカリカ家城VS吉田
「なんで僕だけコンビ名言ってくれないんすか?」(吉田)(笑)
「アドリブ感出そうと思って……」(池田)w
最初のお題は「ドラゴンボールを実写化したときべジータ役にしたい」。
当初は普通にお題にそって写真を出してくだけで、ドラゴンボールをろくに知らない私はわりとつまらなかったんだけど、
「あの僕、べジータとナッパの組み合わせ見つけたんですけど」(吉田)
吉田さんから創作お題の流れがスタート^^
これが後々おいしいことに……!
村上さん決勝進出。

2回戦
・ライス関町VSポイズン阿部VS犬の心押見
全員Tシャツインで登場w
押見さんの気持ち悪さは半端ない!
阿部ちゃん関町さんは見慣れただけとも言いますね。
関町さんのカードになぜだかシルヴェスター・スタローンが4枚も入っていて、それをうまく使えた彼は大爆笑を勝ち取る。
そんな試合途中で、靴を履きに裏にひっこんでいた寝起きの家城さんが舞台に登場。
「家城さん、靴はいてないじゃないですか?」
「いやさっき飯食ってる最中に寝ちゃったのを思い出して、スタローンを……」
「スタローン!?」w
「違う!スタミナ丼!楽屋に4種類あったでしょ!」
「4種類のスタローン!?さっき関町が出したやつじゃないですか!」(爆笑)
そして確かここで誰かが美川憲一を出したことから全てがおかしな流れへ……
「これ、吉田さんじゃないですか」
「じゃ、これでPOISON GIRL BAND」(長髪の男性写真を隣りへw)
そこからまさかのポイズンタイムがスタート!
吉田@美川を固定で、長髪の怪物が次々に繰り出されるw
押見さん決勝進出。

3回戦
・ライス田所VSカリカ林VS犬の心池谷
「こいつの頭の中をのぞきたい!ライス田所!」(池田)
「なんでいきなりキャッチコピーついたんですか」(田所)w
どんなお題を出されても「ない!」と頑なな林さん、そして現るNEW美川とポイズンタイム!
司会の三人はDJノリで盛り上げるかたつむり林さん、ひたすら地味作業に徹する中澤さん、一番楽しんでる池田さんです。
「みんなタモンズって知ってるかなあ」(池谷)
あんまり盛り上がんなかったけどタモンズ知ってる私には大爆笑な20年後のタモンズを池谷さんが完成させる一場面もw
結果、林さんと池谷さんが同点でしたが、林棄権により池谷決勝進出。

決勝戦
・しずる村上VS犬の心押見VS犬の心池谷
ポイズンタイムを期待する外野、「出ますよ」言い切る池田。
そしてでましたPOISON!!!
「得点は2倍です!!」(かた林)(笑)
続いてカリカタイム!!!
失速するかと思いきや、まさかの林さん肖像画が登場w
驚きのクオリティ。
めちゃめちゃな暴走を経て終了、結果の判定が困難に。
「うーんどうしよ……、林さん出したの誰ですか?」(池田)
「ぼくです」
「よし、優勝は押見さん!!」(池田)w


結局ポイズンタイムとカリカタイムが愉快だったってことです。
「ライスはいないの?」聞かれた田所さんの出したカードが、田所さんは渋いオジサンなのに対して関町さんはブサいオジサンだったのに笑いました。
田所さんのかっこのつけかたはだいぶ興味深い。
来週はどんなになるかな。彼の勇姿に期待です。
posted by kagari | 22:39 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/18 サマフェスタ ラ・ゴリスターズ
 品川サマフェスタ ラ・ゴリスターズ
 09/8/18 19:00〜 品川花月
 出演:ハイキングウォーキング/ピース/平成ノブシコブシ/イシバシハザマ/[ゲスト]2700

 
 
なんというか、今回のラゴリは本気で大丈夫なのか…?と心配になった。
ラゴリ自体にたいしては全くハードルあげてなかったんだが、関町プロデュースの面白さと昨日のbase勢のテンポの良さで、なにかしらは上がってたかも。
でもそれにしてもグダっとぷりを案じてしまった。
けらけら笑って見てたけど帰りの電車でシモキタお笑いフェスを思い出してあっち行けばよk、思わずもがな(笑)
行くまでもらった犬オールの動画を見てて池谷一門会に興味を持ったのも一因。
そういや友達には「喋り家行けないから仁さん何しゃべってたか教えて」と頼みこみ「ほんとに仁さん好きなのね」と笑われたんだったw
 
とりあえず今日1回目と2回目で大枠は変わらず、明日以降についても特にアナウンスなかったのでネタバレ嫌な人は見ないほうが無難。
 
 
全編ユニットコント。
全員で「品川商店街の夏祭りの企画を考えよう」とのことで、各人が商店街の一因にふんする。
綾部さんが会長、松田さんがタコ焼き屋、鈴木さんがクリーニング屋、吉村さんがお坊さん、徳井さんがイタメシ屋、又吉さんが?石橋さんが接骨院、硲さんがなんだっけ?
ていうか設定的に年寄りばっかりだしハイウォーはキャップだし、ビジュアル的に楽しめなかったのは不満の一端(笑)
 
てことで、企画を出すという流れで大喜利をやったり罰ゲームやったりキス大会してみたり縄跳びしたりゲストの2700がでてきたり相変わらずはんにゃだったりしました。
最近ほんもののはんにゃを見てないな……w
2700は初めてネタみたよ。へそ探すってほんとに探すんだ(笑)
ラストでは石橋さんと鈴木さんによる2700のモノマネが披露されましたw

今回いちばんおいしかったのは、爬虫類が入っている(と彼が思い込んでいる)BOXに手をつっこむことを全力で拒否し続けた綾部さんです。
数人がかりでの取り押さえと全力での抵抗。
そしてカメラを回す又吉さん^^
綾部さん、なるほどね、という感じです。
そして特になにがあったというわけではないけど、ハイウォーの二人はやっぱり良いなあ。二人そろって良い、ですね。

そんな感じで自分の頭を始終フル回転させてないと存分には楽しめなかったかなー。
5列目はじっことかいう条件最悪な席がいけなかったのかもだけど!
気が向いたらこれも追記します。
posted by kagari | 07:49 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/17 サマフェスタ 大阪スペシャル
 品川サマフェスタ 大阪スペシャル 〜baseよしもとLIVEワラb出張編〜
 09/8/17 19:00〜 品川花月
 出演:ジャルジャル/スマイル/藤崎マーケット/かまいたち/天竺鼠/プラスマイナス

 
 
わざわざ品川くんだりまで出向いた価値あり!(なんか今日は忙しかった)
はっきりいってジャルジャルしか個人名もネタも知らなかったけど、すごい楽しかったです。
ざっくりと流れと印象を。

 
<オープニング>
映像こってて演出かっこいい。
ジャルジャルはキャー。

<ネタ>
・スマイル
漫才だけど動きが良い。
ウーイェイ。
・天竺鼠
なぜかやたらとチーモンを彷彿とさせる。
・藤崎マーケット
「今日は漫才やりまーす」
田崎さんはいろんな人を連想させるな(笑)
・プラスマイナス
高校野球のアナウンス似過ぎ(笑)
どっちがプラスやろ?
・かまいたち
なんだかとてもかわいい。
どちらも希少価値の動物みたい。
・ジャルジャル
唯一のコント。
しゃぼん玉一曲歌うだけなのに、なぜここまで面白い??
 
<コーナー>
質問に即答するやつと、全員対抗の即興大喜利でした。
「似ていると言われる芸能人は?」
「レミオロメンのボーカルと、ビジュアル系バンドのドラム全般と、童話『北風と太陽』の太陽」(かまいたち山内)w

即興大喜利は2チームに分かれて、挙手回答の大笑い抜け。
最後に残り人数が多かったほうが罰ゲーム。
ふつうの大喜利だったりとか、写真だったり音だったり色々あったけど、どんなテーマでも全部の芸人さんが「はいはい!」って手をあげまくる。
実際あてられて、外さない面白さも確実にある。
もちろんだだ滑りな回答もあるわけだけど、全員で面白くするためにつっこんでくし、そのテンポがとっても速くてよかったです。
無理やりニワトリの声まねをさせられたジャルジャル後藤さんは「二度と品川くるか!」と叫んでましたがw
お題には「二人でラララライ体操」みたいなのもあって、元を見たことがないから比べて笑えないよーと思ってたら、本人たちによるハイクオリティ体操も披露される運びとなって面白かったです。
ほんとオリラジに武勇伝をふるくだりと似てるなw
藤崎マーケットはぜんぜん食い気味じゃなかったけどさ!

というわけで非常に大満足の1時間45分。
誰も知らないのにこんなに楽しめるとは。
AGEを見始めたころは知らない人ばっかりでつまらなくって、少しでも楽しむために色んな人のことを調べはじめた経緯があるので、とても新鮮でした。
東京にもファンを増やそうって魂胆なら、今回大成功なんだと思います。
posted by kagari | 07:33 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/14 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ 東京シュール5 〜関町プロデュース〜
 09/8/14 19:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり



いつかライスファンのみなさまと伊豆大島でオフ会をやりたい所存です^^
今回の関町プロデュースは、始まる前から友達と「絶対ふわふわしてるよね!」と言い合っていて実際ふわふわしてました(笑)
田所フォロー入るかな?と若干の期待をしつつもそれは全くなさそうでした。
というわけで一夜限りの関町ナイト、あらすじと感想です。


まずは関町ダンスからスタート!たしか。
広い舞台にPOPなミュージック、ピンクな衣装で踊る関町w
笑いがとまらないけど笑ってやるのは癪にさわる(笑)
やたらかっこいいオープニングV。
かなりのクオリティ。

そしてでてくる関町以外の11人。
「つないどいてっていわれて……」
「何するかわかんないんですけども」
「オープニングも凝っちゃって」
「わざわざ作らせたみたいですよ」
「まったく!」
舞台中央にはディスプレイとゲーム機が一つずつ。
ついに話題もなくなり、しぶしぶながらの、
「これをいじれってことですかね……」
「癪ですけど」
関町さんに仕切られている、しかも本人はいない、のが本当に嫌だ!ってのがみんなでていてとても良い。
いないのにあふれ出る存在感、というのは、彼の正しいプロデュース法なのかもしれないな。

ゲームの内容は関町さんを主人公にした恋愛シミュゲーム。選択肢方式。
オープニングの彼の腕の角度にいらっとし、速攻で電源を落とす11人。
最初の選択肢で彼が通り魔に刺されると、大爆笑でそこを何度もリプレイする11人。
途中で出てきてゲームキャラになりきっている後輩達を「巻き戻し〜」といじって遊ぶ11人w

恋のライバルを倒すシーンで相撲対決、女の子に気に入られるためのシーンで3分即興劇、ふられた関町さんをなぐさめるシーンでカラオケ大会などがありました。
即興劇では押見さんがどでかい失態をおかしたり、カリカ+吉田さんで見事なオチが決まったりしました。
カラオケは犬の心のKinkiデュエット、POISONのゆずデュエットがかわいくってよかった。
中澤さんはあいかわらず素敵でした。


みんながどれだけ面白くしてくれるかにかかっているという企画のふわふわ具合は半端なく、しかも最後に向かってフェードアウトしていくという、それがラストのまさかの拍手ナシにもつながったと思うんだけどw
でもよく一本筋を保ってて愉快だったんじゃない?と思います。
私はコンセプトのはっきりしているもの、ストーリー性のあるものが大好きなので、そういうところからも楽しめました。
そして割と仁さんを見てたんだけど、要所要所で肩笑いを繰り返す彼はいったい何を思っていたんでしょう?
そういうのの振り返りとしてトークライブが欲しいんだよ!!
せめてシチサン。ライスMCはいつやってくる?
posted by kagari | 07:26 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!
09/8/14 サマフェスタ シュール5
 品川サマフェスタ 東京シュール5 〜フィーリングカップル〜
 09/8/14 15:00〜 品川花月
 出演:カリカ/犬の心/POISON GIRL BAND/しずる/ライス/かたつむり

 
 
親子連れが多いから何事かと思いました。
なるほど……。
5〜8歳児5人とフィーリングカップルをしてみよう、という企画でした。なにそれ(笑)
たぶん夏休みだからの企画だろうな。彼ら発信ではないだろう。
始終「教育的配慮!」ってつっこみたくなって、たくさん笑ったけど、ちょっと心配でした(笑)
出演者の子どももプロなのだったらいいけど、どこからつれてきたんだろう?
 
MC林さんを除く11人と子どもが5人。
いちおう芸人側はコンビくくり。
お互い質問しあったり、ネタを披露したり、一緒に遊んだりして、フィーリングカップルで選んでもらえるようにがんばる。
ネタ前の子どもフィーリングは池谷さん(犬の心)に一人、村上さん(しずる)の前に四人がずらっと並ぶ展開でした(笑)
そしてみんな決め手に『顔』をあげるw
そこから子ども達の心理はどう変わってくか?
こちらとしては、普段あまり見れないタイプのネタを見れたのが新鮮だった!
 
 └ネタ
・かたつむり『校長先生にお願い』
生徒二人が校長先生への直訴のしかたを練習するんだけど、林さんがむちゃくちゃな動きと顔で何言ってるのかわからない、っていうネタ。
動きで笑わせて、真似する中澤さんがそうでもないから、また林さんがやったときに笑いが増幅するっていう至極わかりやすいものでした。
かたつむりが一番、子供にどんなのが受けるかわかってんじゃん!って思って、事実最後まで見てもその結論はかわらず(笑)
 
・ライス『弾丸が体内を通過』
仁さんが撃った弾丸が、関町さんの身体を通過しちゃうってネタ。
最後終わりを見失って、ずぐだんでしめるというモヤっとはありましたが、子供にもうけててちょっとびっくりした。
ネタ直後もそうだし、後半三組のネタが終わった時点でもまた新しい子が「ライスおもしろかった」って言い出したりして。
「ライスはじわじわくるんだね」、というMC林さんの言葉がありましたが、ほんとに。

・しずる『魔法使いとウサギ』
村上さん扮する魔法使いが池田さん扮するウサギを人間に変える。
本人たちから「子どもをなめすぎました」とコメントがありましたが、その通り。
でもそれにしても村上さん人気はおとろえず。

・POISON GIRL BAND『漫才…相撲』
マイクがでてきて、ああ、この人たちだけ漫才だっけ、と思う。
シュールはコント勢多し。
今回の企画の場合、漫才は正面向かなきゃならんので不利そうです。
ネタは、阿部ちゃんが吉田さんに何度も相撲をしかけていくやつ。
吉田さんが押されて子どもの方によると「やめろー!!」w

・犬の心
さっきメモした紙には「ずんどこホッホー!」っていう謎の掛け声が記されてたんだけど(笑)、他の方のレポよんだら「ズンチャカポー」だったっぽいw
とにかくそんな掛け声にあわせてのリズムネタ。
リズムネタだが非常に寒いw
私は犬に対してのM気質はないので、始終下を向いておりました。

・カリカ『ゴム人間家城』
あの、本当に、トラウマもしくは人間的歪みになるからやめろ(笑)
いやいやいや……
こういう「(人間的に)(倫理的に)ドギツイものを無垢な子どもに見せる」ということを見せたいならいざ知らず、多分そうではないでしょう。
企画も作家さんだろうしさあ。
思わずフォローの有無を心配してしまった……

ネタ終了後にもう一度子ども達の心のうちを。
「好きなお兄ちゃんのとこへ行ってね!」
しずる(村上)‐一人、ライス(関町)‐二人、犬(池谷)‐一人、かたつむり‐一人。

最後はゲームで盛り上がって仲良くなろう。震源地ゲーム。
子どもと仲良くなる気ゼロの阿部ちゃん!(選ばれずにすねてるだけ)
しかし子どもチームに無理やり混ぜられると、子どもが全員阿部ちゃんの後をついていくというカルガモスタイルに(笑)

最終決戦。
かた‐一人、ライス‐一人、しずる‐二人、犬‐一人。
カップル4組成立。
一人あぶれた彼は、家城さんがかねてより「イチから仕込みたい」と指してた子w
その彼がラストで魅せました。
「ではお別れですね」(MC林)
「彼(あぶれちゃった子)とはいつかまた再会する気がします」(家城)
全力で拒否するかと思われてたその子が……
「そっちが会いたいならいいよ」!


というわけで、どうなるかと思いきやかなり楽しい2時間弱でした。
シュールテイストも、「子どもにあえてシュールで接する」というところを楽しめばよかったのかもですね。
でも、子どももプロとわかってる状態なら良かったんだろうけど、そうではなかったので、なんだかフワフワしてしまいました。

そんな感じであと2回の昼間公演はどうなるかなーと思って、VS外国人とVS老人だったりしたらおもしろいかなーなんて考えたりして(笑)
わかりませんが楽しみにしてまーす。
posted by kagari | 01:46 | [ライブ][2009]品川フェスタ | comments(0) |  拍手!