米当番
  
オリエンタルラジオやライスなど参戦ライブの備忘録。ネタバレも含むので注意。09/1/10開設。
kagariが書いてます。
はてなid:oet Twitter:oet_kagari

ライブ参戦予定→more?
・未定!
Search this site




【おしらせ】
とくになし!!>

ORH目次
『オリエンタルラジオはきっとこんな人たち』

「なんで今さらはまったの?」「オリラジって今なにしてるの?」
聞かれてないけど書きました(笑)
前に説明したら、「うん、興味深い二人かも」、と言ってもらえてうれしかったので。
情報源は各種メディアでの発言およびネット上の噂なので、完璧に私の主観です。
気が向いたら書き足します。
あとはなんだろう?ネタとかメディア露出歴とか賞レースとか?

<更新>
4/18…4, 5


全部読む

1. ORhistory…二人のなれそめ
2. ORhistory…コンビ結成
3. ORhistory…デビュー〜現在
4. ORhistory…二人の故郷
5. ORhistory…二人の趣味、特技
posted by kagari | 08:36 | [その他]オリラジヒストリー | comments(2) |  拍手!
ORhistory…二人の趣味、特技
文系方面にはけっこう多彩なあっちゃん。
以前はブログで『ピコル君の小さな冒険記』などの小説を連載。
どこか奇妙で深遠でよじれて不可解で、でも整った世界観。
絵心も抜群。出演番組で毎回ゲストのイラストを描いたり、自作の絵を使ったピンネタを披露したり。昔は暗い絵しか描けなかったらしいが、藤森さんと出会ってからは明るい絵も描けるようになったそうだ。
これらの特技をあまり前面に出さないのは、『お笑い』という手段で表現していきたいから。
そして、趣味に関しては完璧にオタク。
好きなアニメやマンガに関しての知識、造詣は半端なし。
『新世紀エヴァンゲリオン』、『ジョジョの奇妙な冒険』に関しては、エヴァ芸人、ジョジョ芸人としてアメトークに出演したこともあるほど。

こなきるのが大得意の藤森さん。
「こなきる」とは人の発言や趣味、その人自体に完璧に乗っかって、あたかも自分独自のものであるかのように披露すること……こなきってもめったに嫌われないのが彼の特徴かも。
昔の遊び、田舎の遊びに関しては藤森さんが完全に上手。とくにけん玉の腕前はプロ級!
しかし都会の遊び(ルービックキューブ)はあっちゃん完全勝利。
また、「大学生らしさ」に関してかなりハイクオリティなのが藤森さん。
カラオケもボーリングもビリヤードもパラパラも、「平均よりちょっと上手い」レベルを完璧に維持。「大学生だったら相当モテるタイプ」、とはあっちゃんの言。

二人は共通の趣味であるマンガを生かして、毎週月曜日のよしもとオンライン「マンガの日」のパーソナリティをつとめている。
あっちゃんはじっくり細部まで掘り込んだ完成形のプレゼン、藤森さんはあっちゃんにこなきりつつの、あっさりさらっとしたプレゼンが特徴的。
posted by kagari | 00:50 | [その他]オリラジヒストリー | comments(0) |  拍手!
ORhistory…二人の故郷
転勤族あっちゃんと田舎少年慎吾。

大阪→山口→東京、と移り住んできたあっちゃん。
小3から中3までの山口時代は全盛期。短いながらも大切な期間であり、一番の故郷とよべるかも。
中3で東京に移り住んでからは、どんどん暗い方向へ。
いじめられていたのではなく、誰も友達になってくれなかった。
渋谷はその頃からテリトリー。実は相方より相当都会っ子。
今の実家は千葉県に。バブル期の遺産の一戸建て。

明治大学入学で上京するまで長野暮らしだった藤森さん。
家の裏は本物の山、小さい頃のおやつはそこでとれた野生の色々。
今でも長野は大好き。時折出現「ほいだら(そしたら)」エトセトラの長野弁、昔鍛えた田舎の遊びの腕前。
中学時代の三年間のみ親の事情で香港へ。
広東語の腕前はまあちょっぴり。
高校時代、長野に戻ってからは少し壮絶ないじめを受けたり。
大学デビューを目指した結果、上京当時はただのギャル男。
現在は実のお兄さんと二人暮らし。
posted by kagari | 00:40 | [その他]オリラジヒストリー | comments(0) |  拍手!
ORhistory…デビュー〜現在
NSC在籍中の2004年、『武勇伝』ネタでM−1グランプリ準決勝に出場。芸歴の短さにしては異例の快挙。
同期内でも一歩抜き出た実力と評価。妬みやしがらみも多少?

翌年2005年4月20日、若手芸人ネタ見せ番組『ゲンセキ』でテレビデビュー。
『顔』『学歴』『武勇伝』と三拍子揃った二人はあっという間の大ブレイク。
レギュラー番組や冠番組までも獲得。
未曾有の出世街道。


一般的な芸人が送る下積み時代をほとんど経験していないオリエンタルラジオ。
一発屋で終わる危険性を危惧されつつも、武勇伝を封印してネタ作りに励むなど努力の姿勢は人一倍。
現在はテレビ、ラジオ、オンラインでレギュラー番組を抱えつつ、4月には全国漫才ライブツアー『我』がスタートする。
posted by kagari | 00:30 | [その他]オリラジヒストリー | comments(0) |  拍手!
ORhistory…コンビ結成
藤森さんにお笑いについて教え込んだのはあっちゃん。
テープを貸し感想を要求し、完璧に洗脳。
しかしこれまでもコンビを組んでインディーズで活動していたこともあるあっちゃん、
「仕事にできるか?いや厳しい」、自問自答。

そんな中渡された、藤森さんからあっちゃんへのラブレター。
「あっちゃんが『慎吾の笑顔はみんなを幸せにする』って言ってくれたとき嬉しかった。俺とあっちゃんがいれば、みんなに笑いと幸せを作れる。俺とお笑いをやってほしい。最高の親友であり、相方でいてください」
コンビ、オリエンタルラジオ結成。


NSC(吉本総合芸能学院…新人タレント育成所)時代は苛酷な毎日を送る。
厳しい練習、大学との両立、バイトが出来ずに収入減。
入学前からネタを100本も考えていたあっちゃん、二人だけの練習も激しいものに。
あっちゃんがボケ、藤森さんがツッコミのスタイルはこの頃からずっと。
しかし人にツッコまれるのが苦痛でならなかったあっちゃん……考えたあげくたどりついたスタイルが、
「あっちゃんカッコイイ!」
『武勇伝』の原型誕生。
posted by kagari | 00:20 | [その他]オリラジヒストリー | comments(0) |  拍手!
ORhistory…二人のなれそめ
中高時代はガリ勉で友達もいなかったあっちゃん。
センター分けに丸メガネ。繰り返すオタクな日々。
お笑いのテープを聴きながら英訳、椅子に体を縛り付けて勉強。
聞こえた爆発音に母が部屋へ向かうと椅子もろとも倒れるあっちゃんの姿。連れて行った病院では、
「身体は大丈夫ですが精神が大丈夫じゃないですね」。

大学デビューは果たせなかったが、始めたバイトでバイトデビュー。
そこで後の相方、藤森さんと出会う。
「宝石のような美少年だ……!」
衝撃の初コンタクト、
「SMプレイなら何が好き?」

対する藤森さん、奇抜なファッションあっちゃんに、
「いやあ、コイツ変な奴だって関わらないようにするか、コイツ面白そうだって近づくか。オレは後者をとりました」


始まるバラ色の日々、初めての友達。
藤森さんは兄弟と同居していたため、主な活動場所はあっちゃん部屋。
朝は藤森さんのバイクの音で目覚め、そこから何十時間耐久ゲーム。
時にはニケツで海沿いをひた走る。
ようやく始まった青春時代、藤森さんと遊びすぎてあっちゃん留年。
posted by kagari | 00:10 | [その他]オリラジヒストリー | comments(0) |  拍手!